HOME エトキシシラン系消毒薬 Etak 〉インフルエンザ対策

Etakの固定化メカニズム 4級アンモニア塩の抗菌・抗ウィルス作用 従来製品との比較 18時間後の菌の数 Etak濃度別の抗菌性 S.epidermidisに対する抑制効果 Etak処理表面におけるトリインフルエンザの活性 トリインフルエンザウィルス接触後の感染価 新型インフルエンザウィルスA H1N1 Etak水溶液の抗インフルエンザウィルス効果 エアコンフィルターでの抗カビ性能試験 肌での固定化 安全性 固定化しやすい物
Etak協議会 Etak配合商品 L8020菌を使用した製品紹介
保有の特許について

株式会社キャンパスメディコ
広島市西区商工センター6丁目6番29号
電話:082-501-3603
 

Etakで消毒し、Etakが固定化された表面では、後から落下する菌やインフルエンザウィルスを接触性に殺菌、不活性化する。



どのような消毒薬で消毒しても、その効果は一時的(その時だけ)で、後から落ちる落下菌や飛沫に含まれるウィルスは、その表面で生きています。これがインフルエンザの空気感染や接触感染の原因になっています。

飛沫の乾燥しやすい冬場に流行が多くなっている原因でもあります。


Etakは、広島大学大学院医歯薬学総合研究科 二川浩樹教授 が開発した手指用の消毒薬を固定化できるようにしたエトキシシラン系の消毒薬成分で、新型インフルエンザウィルスにも有効です。



Etakについての詳細はこちらをご覧ください




Etakについてはコチラからお問い合わせください

お問い合わせフォーム



『Etak』及び『L8020乳酸菌』は、(株)Campusmedicoの商標です。